pineweb.net

Pineapple Web Serviceでは、海外からもスムーズにホームページを見ていただけるように海外サーバーも利用しており、ホームページを海外からもより多く見て貰う環境が整っております。
また、ハワイに多く訪れる米国人、韓国人、中国人とヒアリングをすることで、ホームページへ訪れる人たちのニーズに合った検索エンジン対策も考慮した。ホームページ制作を行ないます。
単純な翻訳だけではない、国や地域ごとにあわせた多言語サイトを制作し、お客様のビジネスにつながるようサポート致します。

国よっては、海外のWebサイトを自由に見ることのできない国もあります。
特に中国は、ただ中国語ページを作っても、中国国内からは見られていません。それは、中国(香港・マカオ以外)ではグレートファイアウォール(金盾)と呼ばれる、検閲システムが使われているため日本のサーバを使っているアメブロ、フェイスブックなどのホームページが見ることができない場合があります。

私自身が中国に仕事で行った際に、アメブロやgoogleの一部のサービス、その他のサイトが閲覧できませんでした。せっかく作った多言語サイトを見て貰えていないのでは作った意味がなくなってしまいますので、当社ではその国々に適したサーバー環境でホームページを制作いたします。

外国では検索サイトも気を配る必要があります。
日本では、Yahoo!JAPANやGoogleが人気ですが、日本ではあまり知られていない検索サイトが多く存在します。
国によって検索エンジンの利用状況も違っています。
韓国人は、「NAVER」の利用者が多く、ユーザー参加型の情報蓄積が特徴のNAVERを使用して検索しております。
中国人は「Baidu(百度)」で検索する方が多いようです。音楽のファイル検索などサービスやコンテンツの充実により、中国国内では、70%以上のシェアがあります。
その国々の人々がよく使用する海外の検索エンジンにWebサイトを登録することで、あなたのホームページをPRして事業内容、サービスを世界に知らせるために、重要な施策をします。
その国ではどのような検索サイトが使われているのか、国によってのWebサイトのニーズや検索方法などを調査・把握し、より多くの人達に見て貰えるよう、最適な検索サイトへ登録いたします。

米国人、韓国人、中国人、それぞれの国により、色やデザインの意味するものが違い、また、言葉のニュアンスの受け取り方も変わってくるため、ただ日本語のサイトを翻訳したのでは意味がありません。現地文化を配慮し、より多くの人達に見て貰えるようなサイトにするために、ネイティブの人達にヒアリングを行い、国によってのWebサイトのニーズを調査致します。
日本語をそのまま翻訳するのではなく、それぞれの国にあわせた文章表現をつかい、制作していきます。翻訳は、ネイティブの人間かネイティブと同等の、語学能力のスキルがあるスタッフが翻訳を致します。